アブラアン・ルイ・ブレゲ(Abraham Louis Breguet)とは

アブラアン・ルイ・ブレゲ(Abraham Louis Breguet, 1747年1月10日 – 1823年9月17日)はスイス、ヌーシャテル生まれの時計職人。 フランスで時計の開発を行い、永久カレンダー、暗闇でも音で時を知らせるミニッツリピーター、重力の影響によりゼンマイ時計が狂うの防ぐトゥールビヨンなど、様々な革新的技術を生み出した。 彼の創設した時計メーカーブレゲは世界で5本の指に入るブランドである。

1775年、ブレゲはパリのシテ島に自身の時計工房を開店。 彼の時計はナポレオン・ボナパルトやマリー・アントワネットなどの歴史的有名人が使用した。 1815年にはフランス海軍御用達の時計師となる。 1823年、パリでその生涯を閉じた。

出典: Wikipedia



posted by ブレゲマニア | Breguet ブレゲとは
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。